椎間板ヘルニアの診断方法を説明しています。

椎間板ヘルニアの診断方法

ヘルニア診断

椎間板ヘルニアは腰痛の中でも非常に有名な腰痛の症状の一つになっています。

 

そんな椎間板ヘルニアの診断方法は色々とありますが、そんな中で医師が重要視しているのは膝を伸ばした状態でやるテストになります。

 

ヘルニアはヘルニアによって圧迫を受けている坐骨神経が引き伸ばされて痛みが出てしまいます。

 

そこでハンマーを使って反射や筋力などを試すテストで、どの部分の神経が圧迫されているのか調べることができるのでヘルニア診断ではかならず行われる方法になります。

ヘルニアの疑いが濃厚な場合

医師ヘルニア

ヘルニア診断は慣れた医師が行えばハンマーなどを使った診断方法でほとんど正確に位置まで把握することが可能になります。

 

ヘルニアのある程度の診断方法はそこまで大変ではないですが、精密な検査になると結構大変な場合があるので注意が必要です。

 

ヘルニアのある程度の場所がわかったら、さらにMRI検査などで詳しい現在の状況について調べることに成ります。

 

また場合によっては脊髄造影検査などの画像検査も行いますが、脊髄造影検査は細い針を刺して行うのですが、痛みがあるようなので注意が必要です。

 

そこまで深部でない場合には麻酔は行われないみたいなので場合によってはなかなかしんどい検査になるかもしれません。ただ太いハリではないので痛みはある程度セーブできると思います。