椎間板ヘルニアの保存療法を解説しています。

ヘルニアの保存療法とは

ヘルニアの保存療法

 

ヘルニアで有名なのが椎間板ヘルニアですが、椎間板ヘルニアになったらすぐに手術が必要というわけではありません

 

基本的には保存療法で治療を行う方が普通になります。

 

手術をするケースというのはかなり重要なケースだと思ったほうがいいかもしれません。

 

ヘルニアは基本的には何らかの原因で髄核の圧力が下がることによって神経部分に飛び出すことによって神経が圧迫されることによっておこりますが、保存療法を行うことによって元に戻る場合もあるということです。

 

基本的にはヘルニアは炎症ではないので、温めると楽になるといわれています。

 

そのため冷湿布より、温湿布が効果的と言われています。

 

まずは病院でどれくらいの症状なのか確認してから具体的な保存療法を相談するといいと思います。

 

下記から詳細情報をご覧ください。

 

ヘルニアの保存療法などの改善方法